第1326回 toto予想

toto

J1の優勝争いは、首位の横浜Mを勝ち点差3で川崎が追いかける展開となっています。
絶好調の3位広島にも上位にプレッシャーをかけ続ければチャンスはまだありそうです。
前節、川崎が湘南に敗れましたが、湘南も降格争いをしており何としても勝ち点を取ろうと必死です。
そして、現在自動降格圏内には磐田と神戸となっており、その上には僅差で複数のチームが争っている状況です。
前節の川崎を破った湘南のように、上位陣も簡単には勝たせてくれなさそうです。
J2では、横浜Cと新潟が自動昇格圏内にいますが、前節両チームともに勝てなかった事を考えるとこちらもまだ安心はできないですね。
そして個人的に注目しているのは岡山です。
気がつけば3連勝で3位につけており、2位以上も十分に狙えるだけの勢いがあります。
J2は6位までJ1参入プレーオフの出場権を得ることができますので、多くのチームが高いモチベーションで試合に臨めそうです。
さて、第1326回toto予想です。
今節は川崎と広島の直接対決、清水と湘南のまだ降格ゾーンの近くにいる同士の対戦など面白いカードが多くあります。
水曜日に天皇杯と一試合リーグ戦もありましたので疲労の影響はいかほどか。
福岡は延長戦の末、甲府に敗れ精神的なダメージも多少はありそうだなぁ。
予想を考えすぎて頭がいたい。
よし これでいこう。
いざ 勝負。

横浜MVS福岡

水曜日に試合のあった横浜Mは、前節川崎を破った湘南にしっかり勝利。
対する福岡は、天皇杯でJ2の甲府と対戦するも90分で勝負がつかず延長戦まで戦うも敗戦。
両チームともに疲れはあるが、勝って戦える横浜Mは気持ちの面でも上回るだろう。
また、福岡は横浜Mにアウェイでは一度も勝てていない。
ここは「渾身の一斬り」とさせて頂きます。

川崎VS広島

2位と3位の直接対決。
横浜Mを追いかけるチーム同士でつぶし合うのは勿体ない気もするがこればかりは仕方がない。
川崎は前節の湘南の負けは想定外ではあっただろうが、気持ちを切り替える意味でも今節ホーム戦えるのはプラスだろう。
対する広島はまさに連勝街道まっしぐらではあるが、土をつけるなら今節ではないか。
このガチンコ勝負は「1」と「0」ダブルで。

神戸VS名古屋

降格圏から脱出したい神戸ではあるが、前節同じく下位に沈む京都との裏天王山を戦うも敗戦。
名古屋は、この試合に勝てば降格はないラインまで勝ち点を伸ばせるだけに確実に勝ちにくるだろう。
タイトルの可能性のあった天皇杯も敗れた神戸は、最悪の状況といえる。
ここは、名古屋勝ちのシングルで。

長崎VS熊本

長崎は火曜日に行われた金沢戦。
3点差で楽勝ムードが一転、気がつけば同点で終了と痛い引き分けとなった。
熊本は連勝で依然プレーオフ圏内を維持しており、チームの状態はいい。
力は拮抗しており、「1」と「2」のダブルで。










toto予想ランキングをご覧になりたい方はこちらをクリック
にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ
toto予想ランキングをご覧になりたい方は こちらをクリック
にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
toto
スポンサーリンク
サラリーマン侍をフォローする
toto予想 サラリーマン侍

コメント

タイトルとURLをコピーしました